志太会長ごあいさつ

一般財団法人日本中学生野球連盟会長 志太 勤

志太会長  少年たちを引率し世界大会に参加したとき、強い衝撃を受けました。
日本を代表して参加しているのに、開会式で少年たちは国歌も歌えない、遊びの延長のようできちっとしない。 それにひきかえ他国の少年たちは、整列し高らかに国歌を歌い、国を代表して参加する誇りがあふれている。

 私はこのとき「日本の少年たちに何かが欠けている」「これは日本の将来にかかわる大きな問題だ・・・」「これでは日本はダメになってしまう・・・」という強烈な危機感を抱いたのです。

 しかし日本の少年たちも、いざ野球のプレーでは、言葉は通じなくても、野球のルールのもとで他国の少年たちに見劣りすることなく、堂々と真剣にプレーをしていました。
このとき私は感動するとともに、ルールをしっかり身につければ少年たちは力一杯プレーできるのだと思いました。
 家庭でも、学校でも、地域でも、「ルールを尊重する精神」を教えていけば、野球によって少年たちを育成することができると確信しました。

 それだけではありません。
 野球で培われる「リーダーシップ」「協調性」「勇気」「努力の大切さ」「友情のすばらしさ」「感謝の心」・・これらは、社会に出てから全て必要なことです。

 指導者の皆さん。親や地域の方々とともに、この国の未来を担う少年たちが野球を通じて立派な大人になれるよう、育成していただくことを切に願っております。

 末筆ではございますが、いつもご後援をいただいております文部科学省をはじめとした各社団体、また、当連盟を陰で支えて下さっている応援団の会の皆さん、 大会にご協力・ご協賛いただいている全ての方々に、心より感謝申し上げます。


日本中学生野球連盟について

日本中学生野球連盟は、野球競技を通じて「明日の日本を担うグローバルな青少年を育てる」という教育視点より、中学生野球の健全な発展に寄与することを目的としております。

連盟の会長はシダックス株式会社取締役最高顧問 志太 勤 氏が務めております。

志太会長は静岡県立韮山高校硬式野球部で投手でしたが、2年生のとき肩と肘の酷使で野球人生を断念したことがあり、その経験から「今の子供たちにはケガで野球の道を閉ざしてほしくない」という強い思いを持っています。


【主催する大会の目的】
「明日の日本を担うグローバルな青少年を育てる」という教育視点より、
1.野球競技を通じた青少年の健全な育成
2.中学生の身体の成長段階を考慮し高校野球へのスムーズな移行
3.開催地の地域活性化への寄与
上記の目的を達成するために、全国大会、国際大会、国際交流試合を開催しています。

大会実績はこちらをご覧ください。


【関係団体】
日本の野球団体関係図はこちら(一般財団法人全日本野球協会サイト内にリンク)


【所在地・連絡先】
〒102-0094
東京都千代田区紀尾井町4-1  ニューオータニビジネスコート10F
TEL:03-3221-5072  FAX:03-5212-3602
事務局長 梅沢直充


【定款】
一般財団法人日本中学生野球連盟定款 ※2018年8月9日登記

【役員】
一般財団法人日本中学生野球連盟役員名簿 ※2019年2月4日更新


【全国ネットワーク(支部組織、関係団体等)】

地区ブロック 都道府県名
北海道 北海道
東北 青森・秋田・岩手・宮城・山形・福島
北信越 新潟・長野・富山・石川・福井
関東 茨城・栃木・群馬埼玉千葉東京神奈川山梨
東海 静岡・愛知・三重・岐阜
近畿 滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山
中国 鳥取・島根・岡山・広島・山口
四国 香川・徳島・愛媛・高知
九州 福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄


連盟関係物故者
元全日本アマチュア野球連盟会長・山本英一郎(平成18年5月)
元常任理事・中世古尚一(平成25年2月)
元常任理事・栗栖信征(平成25年12月)
元常任理事・前田祐吉(平成28年1月)
元顧問・高橋三朗(平成28年3月)
元理事・大石賢一(平成29年10月)
謹んでご冥福をお祈りいたします。